甲状腺機能異常.net
 トップページ > 甲状腺機能低下症 > 中枢性甲状腺機能低下症 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
甲状腺機能亢進症
バセドウ病の診断方法
バセドウ病の起こる原因 
バセドウ病の症状
 ・首が腫れる
 ・眼球の突出
 ・動悸・体重減少
 ・暑がり・多汗、疲労感・筋力低下
 ・ふるえ・マヒ、興奮・集中力低下
 ・生殖機能、脱毛・白髪、皮膚や爪への影響
バセドウ病の治療法
 ・薬物治療
 ・アイソトープ治療
 ・手術療法
 ・眼球突出の治療
バセドウ病以外の病気
 ・プランマー病(甲状腺機能結節)
 ・亜急性甲状腺炎
 ・急性(化膿性)甲状腺炎
甲状腺以外に起因する病気
 ・甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍
 ・甲状腺分化ガン
 ・卵巣甲状腺腫
バセドウ病に似た病気
 ・無痛性甲状腺炎
 子どもの甲状腺機能亢進症
甲状腺機能亢進症
橋本病の診断方法
橋本病の起こる原因
橋本病の症状
 ・首が腫れる
 ・倦怠感
 ・むくみ・体力低下
 ・症状が似て間違えやすい病気
橋本病の治療法
 ・ホルモン補充療法 > 注意点
橋本病が進行して起こる病気
 ・粘液水腫
橋本病以外の病気
 ・中枢甲状腺機能低下症
 ・クレチン症
 ・その他の小児の病気
 子どもの甲状腺機能低下症
甲状腺機能亢進症

甲状腺腫瘍の診断方法
3種類の良性腫瘍
甲状腺「良性」腫瘍の治療法

 ・経過観察について
 ・薬物療法について
 ・吸引療法について
 ・手術療法(が必要なケース)


甲状腺「悪性」腫瘍の種類
 @乳頭がん、濾胞がん
 A髄様がん、未分化がん
甲状腺「悪性」腫瘍の治療法
 @手術療法について
   (手術療法の後遺症・再発
 Aアイソトープ療法
 B薬物療法と放射線照射療法

甲状腺機能亢進症
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」
豆知識
 ・甲状腺ホルモン調節の仕組み
 ・女性に多い甲状腺の病気
 ・甲状腺の病気の遺伝性
 ・バセドウ病と橋本病で似た症状

 ・首の腫れが気になる場合は?
 ・甲状腺クリーゼの危険性
 ・「寛解・再燃」と「治癒・再発」
 ・甲状腺機能低下の原因・131I
 ・眼球突出の悪化要因「喫煙」
 ・母体由来のバセドウ病は治る

 ・血中コレステロール検査
 ・その機能低下は一過性?
 ・橋本病とバセドウ病
 ・新生児の甲状腺の目覚め

中枢性甲状腺機能低下症A

- 甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下

大量出血から起こるシーハン症候群

 女性が、出産の際に大量出血をすると、その影響で下垂体に血液を届けている動脈が詰まり、下垂体が壊死(えし)してしまうことがあります。すると、下垂体の機能が低下したり、なくなったりするため、甲状腺刺激ホルモンの分泌が低下していき、甲状腺ホルモンの分泌にも支障が生じます。これを「シーハン症候群」といいます。
 下垂体からは、甲状腺刺激ホルモン以外に、副腎皮質刺激ホルモンや性腺刺激ホルモン、乳汁分泌刺激ホルモンなど、いろいろなホルモンが分泌されています。したがって、シーハン症候群が起こると、甲状腺の機能低下によるさまざまな症状以外にも、低血圧や低血糖、全身性の脱毛、無月経、性欲低下、乳汁分泌障害、小児の発育障害など、きわめて多くの症状が現れます。
 シーハン症候群は、男性に起こることもあります。原因となるのは、主に下垂体腫瘍です。シーハン症候群が起こる原因としては、脳の手術や放射線照射、脳腫瘍、頭部のケガなどもありますが、原因が特定できない事もあります。

甲状腺機能異常

副腎機能を安定させ甲状腺機能低下の治療を

 起きている甲状腺の機能低下が原発性のものか中枢性のものかを判断するために、甲状腺刺激ホルモンの血中濃度を測定することが必要です。原発性の場合は、下垂体が低下している甲状腺の機能を高めようとして、必死に甲状腺刺激ホルモンを分泌しますから、その血中濃度は必然的に高くなります。中枢性の場合は、逆に下垂体の働きが低下していますから、甲状腺刺激ホルモンの値は低くなります。
 甲状腺の機能低下が、原発性か中枢性かの判断は、それぞれとるべき対応が違ってくるため、きわめて重要です。中枢性のものであることがわかった場合、治療にはひとつ問題があります。甲状腺機能低下症の治療だけでは済まないのです。
 中枢性甲状腺機能低下症では、副腎の機能も低下していることがきわめて多いのです。もし、躊躇(ちゅうちょ)なく甲状腺ホルモン薬を使うと、副腎が機能不全に陥る危険性が生じます。そこで、まず副腎皮質ホルモン薬により副腎の機能をある程度安定させ、それから甲状腺ホルモン薬の服用を始めるという形になります。
 そのほか、下垂体の機能低下により生じているそのほかのホルモン分泌の低下に対しても、必要に応じてホルモン補充の措置がとられることになります。これらのホルモン薬による治療法は生涯続けることになります。さらに、下垂体や視床下部に起きている障害についても、並行して治療が進められていることになります。

≪初めの記事「中枢性甲状腺機能低下症@主な原因」へ

 

 

☆甲状腺の基礎知識☆
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」

☆関連リンク☆
  ・喉痛.COM
☆よく読まれている記事☆
 バセドウ病の診断方法
 バセドウ病の起こる原因
 バセドウ病の治療法
  ・薬物治療
  ・アイソトープ治療
  ・手術療法
  ・眼球突出の治療
 橋本病の診断方法
 橋本病の起こる原因
 橋本病の治療法
  ・ホルモン補充療法 > 注意点



喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について 本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・