甲状腺機能異常.net
 トップページ > 甲状腺機能低下症 > ホルモン補充療法の注意点 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
甲状腺機能亢進症
バセドウ病の診断方法
バセドウ病の起こる原因 
バセドウ病の症状
 ・首が腫れる
 ・眼球の突出
 ・動悸・体重減少
 ・暑がり・多汗、疲労感・筋力低下
 ・ふるえ・マヒ、興奮・集中力低下
 ・生殖機能、脱毛・白髪、皮膚や爪への影響
バセドウ病の治療法
 ・薬物治療
 ・アイソトープ治療
 ・手術療法
 ・眼球突出の治療
バセドウ病以外の病気
 ・プランマー病(甲状腺機能結節)
 ・亜急性甲状腺炎
 ・急性(化膿性)甲状腺炎
甲状腺以外に起因する病気
 ・甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍
 ・甲状腺分化ガン
 ・卵巣甲状腺腫
バセドウ病に似た病気
 ・無痛性甲状腺炎
 子どもの甲状腺機能亢進症
甲状腺機能亢進症
橋本病の診断方法
橋本病の起こる原因
橋本病の症状
 ・首が腫れる
 ・倦怠感
 ・むくみ・体力低下
 ・症状が似て間違えやすい病気
橋本病の治療法
 ・ホルモン補充療法 > 注意点
橋本病が進行して起こる病気
 ・粘液水腫
橋本病以外の病気
 ・中枢甲状腺機能低下症
 ・クレチン症
 ・その他の小児の病気
 子どもの甲状腺機能低下症
甲状腺機能亢進症

甲状腺腫瘍の診断方法
3種類の良性腫瘍
甲状腺「良性」腫瘍の治療法

 ・経過観察について
 ・薬物療法について
 ・吸引療法について
 ・手術療法(が必要なケース)


甲状腺「悪性」腫瘍の種類
 @乳頭がん、濾胞がん
 A髄様がん、未分化がん
甲状腺「悪性」腫瘍の治療法
 @手術療法について
   (手術療法の後遺症・再発
 Aアイソトープ療法
 B薬物療法と放射線照射療法

甲状腺機能亢進症
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」
豆知識
 ・甲状腺ホルモン調節の仕組み
 ・女性に多い甲状腺の病気
 ・甲状腺の病気の遺伝性
 ・バセドウ病と橋本病で似た症状

 ・首の腫れが気になる場合は?
 ・甲状腺クリーゼの危険性
 ・「寛解・再燃」と「治癒・再発」
 ・甲状腺機能低下の原因・131I
 ・眼球突出の悪化要因「喫煙」
 ・母体由来のバセドウ病は治る

 ・血中コレステロール検査
 ・その機能低下は一過性?
 ・橋本病とバセドウ病
 ・新生児の甲状腺の目覚め

ホルモン補充療法の注意点@

- 甲状腺機能低下症

中枢性の機能低下症

いきなり必要量を使うと身体への負担が大きすぎる

 甲状腺ホルモン薬の適切な使用量は、患者さんごとに異なります。甲状腺ホルモン薬の服用は、少量から開始します。いきなり必要量を服用するとからだへの負担が強すぎるからです。たとえば、心肺機能が衰えている人が、トレーニングだからといって急に強い運動をすると、筋肉や心臓、呼吸器などがそれについていけず、肉離れや心機能の障害などを起こします。甲状腺ホルモン薬の使用でも、それと同様のことが生じる恐れがありうるのです。とくに心配されているのは、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)が誘発されることです。
 そのため、少量から始め、2〜3カ月かそれ以上をかけて、慎重に必要量まで持っていくという方法をとります。チラーヂンSの場合では、最初の使用量は、1日に12.5μg。その後、2〜4週間ごとに12.5μgずつ増やしていき、最適な量(維持量)が決まるまで続けます。維持量を決める目安は、甲状腺刺激ホルモンの正常化です。いったん維持量が決まると、その量をずっと維持していくことになります。服用量を減らすことが出来る例はきわめて少なく、ほとんどの場合、量の変更はありません。また、妊娠した人の場合には、甲状腺ホルモンを胎児へ供給する必要が生じるため、服用量を増やすことがあります。

中枢性の機能低下症

要注意!虚血性心疾患の合併

 一般的な橋本病患者でも、薬の使い始めには前述のような慎重さが求められます。まして、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)を合併をしている人は、その合併症が急に悪化してしまわないように、慎重のうえにも慎重な対応が求められます。とくに高齢者については、虚血性心疾患の合併率が高くなりますから、この配慮を怠ることはできません。これは、機能低下が激しくて粘液水腫(ねんえきすいしゅ)を起こしているような患者さんにもいえることです。現在の甲状腺ホルモンと、薬の維持量との間に、大きな隔たりがあるからです。
 以上のような重い合併症があるケースでは、念のため入院してもらって対応することもあります。

≫次の記事「ホルモン補充療法の注意点A副作用はほとんどない」へ

 

☆甲状腺の基礎知識☆
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」

☆関連リンク☆
  ・喉痛.COM
☆よく読まれている記事☆
 バセドウ病の診断方法
 バセドウ病の起こる原因
 バセドウ病の治療法
  ・薬物治療
  ・アイソトープ治療
  ・手術療法
  ・眼球突出の治療
 橋本病の診断方法
 橋本病の起こる原因
 橋本病の治療法
  ・ホルモン補充療法 > 注意点



喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について 本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・