甲状腺機能異常.net
 トップページ 難聴.COM サイトマップ
サイトより皆様へ
甲状腺機能亢進症
バセドウ病の診断方法
バセドウ病の起こる原因 
バセドウ病の症状
 ・首が腫れる
 ・眼球の突出
 ・動悸・体重減少
 ・暑がり・多汗、疲労感・筋力低下
 ・ふるえ・マヒ、興奮・集中力低下
 ・生殖機能、脱毛・白髪、皮膚や爪への影響
バセドウ病の治療法
 ・薬物治療
 ・アイソトープ治療
 ・手術療法
 ・眼球突出の治療
バセドウ病以外の病気
 ・プランマー病(甲状腺機能結節)
 ・亜急性甲状腺炎
 ・急性(化膿性)甲状腺炎
甲状腺以外に起因する病気
 ・甲状腺刺激ホルモン産生腫瘍
 ・甲状腺分化ガン
 ・卵巣甲状腺腫
バセドウ病に似た病気
 ・無痛性甲状腺炎
 子どもの甲状腺機能亢進症
甲状腺機能亢進症
橋本病の診断方法
橋本病の起こる原因
橋本病の症状
 ・首が腫れる
 ・倦怠感
 ・むくみ・体力低下
 ・症状が似て間違えやすい病気
橋本病の治療法
 ・ホルモン補充療法 > 注意点
橋本病が進行して起こる病気
 ・粘液水腫
橋本病以外の病気
 ・中枢甲状腺機能低下症
 ・クレチン症
 ・その他の小児の病気
 子どもの甲状腺機能低下症
甲状腺機能亢進症

甲状腺腫瘍の診断方法
3種類の良性腫瘍
甲状腺「良性」腫瘍の治療法

 ・経過観察について
 ・薬物療法について
 ・吸引療法について
 ・手術療法(が必要なケース)


甲状腺「悪性」腫瘍の種類
 @乳頭がん、濾胞がん
 A髄様がん、未分化がん
甲状腺「悪性」腫瘍の治療法
 @手術療法について
   (手術療法の後遺症・再発
 Aアイソトープ療法
 B薬物療法と放射線照射療法

甲状腺機能亢進症
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」
豆知識
 ・甲状腺ホルモン調節の仕組み
 ・女性に多い甲状腺の病気
 ・甲状腺の病気の遺伝性
 ・バセドウ病と橋本病で似た症状

 ・首の腫れが気になる場合は?
 ・甲状腺クリーゼの危険性
 ・「寛解・再燃」と「治癒・再発」
 ・甲状腺機能低下の原因・131I
 ・眼球突出の悪化要因「喫煙」
 ・母体由来のバセドウ病は治る

 ・血中コレステロール検査
 ・その機能低下は一過性?
 ・橋本病とバセドウ病
 ・新生児の甲状腺の目覚め

甲状腺の機能異常の対策には、まず正しい理解を!

 「甲状腺(コウジョウセン)」は、通常はあまり聞きなれない器官であり、甲状腺の病気というと、生活習慣病やその他の加齢性の疾患などと比較しても、あまりメジャーな病気ではないと思われています。しかしながら、この認識は間違いで、日本だけでも、甲状腺の機能異常を患っている方は500万人以上にものぼると言われています。また、当サイトで紹介させていただいている通り、甲状腺の機能異常による症状は多岐にわたり、その症状の現れ方から、ほかの病気・疾患と誤りやすい病気でもあります。こうした点から、かなりの方が、甲状腺の病気を無意識のうちに軽く見てしまい、その結果、甲状腺の機能異常の治療を行う上で、適切な対処を行う妨げになっているのが現状です。
 甲状腺は、一度かかってしまうと、上手く対処できたとしても、長期間にわたってつきあっていかなければいけない病気です。しかしながら、甲状腺の機能異常の大半は、そのほとんどが治癒(チユ)すること(あるいは、治癒(チユ)したものと同等の状態を維持)が可能な病気です。そのためには、正しい医療技術もさることながら、患者さん側の自分自身の病気に対する正しい理解・知識だと思います。本サイトは、そうした正しい理解と知識を得られるように甲状腺の機能異常や臓器、日常生活での役立つ知識をまとめたサイトです。上手に利用し、病気克服に活用いただけたら幸いです。

甲状腺の機能異常

甲状腺はノドボトケの下側にある内分泌腺の臓器

 甲状腺(コウジョウセン)は、首の辺りにあることをご存知の方は多いと思いますが、実際のところ具体的にどの場所に、どんな形状で存在しているのか、ご存知の方は多くないと思います。
 甲状腺の身体の中での位置は、首の前側で、だいたいノドボトケの下側に、空気が通る気管を包み込むようにして位置しています。よく、「蝶(チョウ)が羽を広げたような形状」と表現されます。臓器としては比較的小さめですが、内分泌腺(ナイブンピツセン)としては、体内で最大の臓器とされています。

甲状腺の機能は甲状腺ホルモンの分泌

 甲状腺(コウジョウセン)は、上述した通り、内分泌腺(ナイブンピツセン)という臓器のひとつです。内分泌腺とは、体内の活動を調節したり、促進したりするのに必要なホルモンを分泌(ブンピツ)する臓器です。甲状腺は、その内分泌腺として、甲状腺ホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンは、ヨードを原料にして生成されていますが、ヨード自体は体内で合成することができないため、食物として摂取することになります。
 甲状腺ホルモンの主な役割は、タンパク質の合成を促進して、新陳代謝(シンチンタイシャ)を活発化させるということです。身体の新陳代謝が活発化すると、各種の栄養素が十分に活用され、心身の活動がいきいきとしてきます。また、細胞や組織の発育にもかかわり、子どもの成長促進には、甲状腺ホルモンの存在が欠かせないのです。

甲状腺の仕組みと働き
甲状腺ホルモンの働き

喉(ノド)の痛みや異常の時は
喉(のど)が痛い
喉(のど)が腫れる
喉(のど)に乾燥感がする
異物感・物が飲み込みにくい
異物の誤飲・喉が詰まる
声がかすれる・声が出しにくい
舌がただれる・舌がしみる
咳(せき)が出る
いびきをかく[無呼吸症候群]
口臭が酷い
舌に白いもの(白苔)が出る
口内炎(こうないえん)ができた
鼻水やアレルギーなど鼻の異常の時は
鼻水が止まらない
くしゃみが出る
花粉症が酷い(花粉症対策)
鼻詰まり
鼻血が出る  ・鼻が痛い
アレルギー病で悩んでいる
☆甲状腺の基礎知識☆
 ・甲状腺の現状:全国に500万人
 ・甲状腺の仕組みと働き
 ・甲状腺ホルモンの働き
 ・甲状腺の病気の原因
 ・甲状腺の病気の症状
甲状腺の病気3種類:症状別
 @「機能の異常」「炎症」
 A「腫れ・しこり」

☆関連リンク☆
  ・喉痛.COM
☆よく読まれている記事☆
 バセドウ病の診断方法
 バセドウ病の起こる原因
 バセドウ病の治療法
  ・薬物治療
  ・アイソトープ治療
  ・手術療法
  ・眼球突出の治療
 橋本病の診断方法
 橋本病の起こる原因
 橋本病の治療法
  ・ホルモン補充療法 > 注意点



喉痛.COM
風邪・喘息などの各病状対策や喉(のど)の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com

難聴.COM
難聴・眩暈・耳鳴りなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
nannchou.com

鼻水.COM
鼻水・くしゃみなどの各病状対策や耳鼻科の気になる症状の対策まとめサイト
hanamiju.com

自宅介護.COM
自宅(在宅)介護を楽にするコツを情報まとめサイト
zitakukaigo.com
本サイトのご利用について 本サイトのご利用について
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・